パソコンのハードディスクをSSDに換装する場合

SSDに交換することでなにが変わってくるのか

パソコンのパーツ交換で行われやすいのはメモリの交換です。これは、メモリを増設することでOSの動作が軽くなるという話がネットや本などでに書かれているからですが、最近はハードディスクを交換しようという人も増えてきています。
ハードディスクは大容量化がやや頭打ちになってきて、最初から取り付けてあるものをそのまま壊れるまで使うというケースが多かったのですが、最近、SSDの大容量化と値下げが進んできたため、ハードディスクとSSDを入れ替えようという人が多くなってきたのです。
ハードディスクをSSDに交換することでなにが一番変わってくるのかというと、OSやアプリケーションソフトの起動速度とファイルコピーの速さです。

Cドライブのコピーを行う際の注意点

では、ハードディスクとSSDを交換する場合の注意点にはどのようなものがあるのでしょうか。もっとも重要なのは、ハードディスクのファイル、設定のコピーについてです。
OSやソフトの起動速度を上げたいという場合、当然、Cドライブの換装ということになります。しかし、Cドライブには通常のファイラーでは見たり、コピーすることができない隠しファイルや設定があるので、ファイラーでハードディスクからSSDに中身をコピーしたとしても、うまく動作しないことがあります。このため、Cドライブを正常にコピーするための専用ソフトの導入が必須です。ソフトはSSDにバンドルされていることもありますが、有料ソフト、フリーソフトでいろいろ出ているので、信頼度の高いものを選ぶといいでしょう。